医理工連携会議

5月26日に徳島医理工連携定例会議5月期がオンラインで開催されました。こちらの会議は徳島大学理工学部の安野卓教授と国立病院機構徳島病院の高田信二郎先生が推進されており、徳島大学の薬学部、工学部、総合科学部の教員や学生、大学以外の病院の医師、理学療法士が参加されています。今回は私の研究室の西本浩章さんに自分が行っている研究について発表してもらいました。Kinectを用いた動作解析、足内在筋の筋力強化とバランス能力の向上によるスポーツ傷害予防に関する内容でした。Kinectは下図にあるようなXboxの周辺機器ですが、数万円と値段が安いため動作解析の研究にも用いられています。

Follow me!

前の記事

綺麗に歩く、走る